施設案内

院内外はどなたでもご利用しやすい事を考慮したバリアフリー構造となっています。
フロントは待合スペース、検査スペースの両方に目が行き届きやすい様にフロア中央に配置しています。
場所がら車での通院を考え広々とした20台の駐車スペースを確保。
なお、当院は、北関東初の世界最先端レーザー白内障手術 LenSxレーザーを導入しております。硝子体手術においては、全例で25Gシステム(小切開アプローチ)を採用しています。

設備ご紹介

外観

待合室

広々とした空間でゆったりとおくつろぎいただけます。

受付

来院しましたら、まずはこちらで診察の受付を行ってください。ご不明なことがありましたら、お近くのスタッフまでお気軽にお声かけください。

診察室

ゆったりとした空間で、診察中もリラックスしてお過ごしいただけます。

検査室

最新機器を取り揃え、正確な診断と治療をサポートします。

手術室

最新の設備を用い、ゆったりとした空間で手術をお受けいただけます。

手術控室(特室)・リカバリーコーナー

手術控室(特室)

手術特室は、手術室直結の手術前後にお休みして頂く、高級感とリラクゼーションを兼ね備えたお部屋です。 また手術の説明の際にも使用いたします。

リカバリーコーナー

特に硝子体手術時にガス注入(疾患によっては必要な処置)となった患者様がうつ伏せ姿勢を楽に保持できるよう工夫のされたお部屋です。

手術を見守ることができます

手術室の隣には、手術室が見える手術特室をご用意しています。手術を見守りたい方は、立ち上がってご覧ください。また、待合室のモニターでは手術中の映像をご覧いただけます。

診察券発券機

当院では、同姓同名の誤認対策として全患者様にオリジナルの顔写真付き診察券を発券させて頂きます。

各種手術器械

次世代レーザー白内障手術 「The LenSx( レーザー)」(アルコン社)

白内障手術用フェムトセカンドレーザー「LenSx(レーザー)」は、白内障手術で最も高度な手技が必要な手術の過程を、全自動で安全かつ正確にレーザーで行う事のできる最先端の白内障手術機器です。

LenSxレーザーは、白内障手術に革命をもたらしました。

従来、術者の「経験」や「感覚」に頼って行われていた白内障手術が、術前検査機器(Verion)とLenSxレーザーで非常に精度が高く安全に行える時代になりました。

北関東初導入

北関東で初めてフェムトセカンドレーザーを使った白内障手術に取り組み、多数の方の手術を行っていきます。日本では18台目の導入施設になります。

Verion(ベリオン)

Verion(ベリオン)とは、アルコン社の白内障手術のための最新の術前検査機器です。
ベリオンは、患者様の術前の角膜データー(手術とは別日)を手術当日にそのまま顕微鏡のガイド下で利用でき、お一人お一人に最適な切開創の位置や前囊切開の大きさや位置を、手術時にダイレクトに確認しながら手術が出来る画期的なシステムです。

コンステレーション(アルコン社)

ベンチュリーポンプとオジルチップとの融合で難症例白内障手術から一般的な白内障手術まで、効率的かつ安全な手術を実現します。また、硝子体手術においては、全例でMIVS(25Gシステム)と5000回転カッターを採用し、非侵襲的な術式として日帰り手術に対応しています。

顕微鏡装置 (ツァイス ルメラT リザイト)

この顕微鏡は世界一見える顕微鏡として、院長が絶大な信頼を寄せており安全かつ迅速な手術には必要不可欠なツールです。今回術前検査機器(Verion)の情報もリアルタイムで利用できマニュアル白内障手術でも恩恵を受けられるようになりました。

各種検査機器

トプコン3DOCT-2000

①網膜光干渉断層装置(OCT)
非接触、非侵襲的に網膜、視神経の光学顕微鏡組織切片(断層像)を短時間で得られます。
②蛍光眼底造影検査
網膜血流の観察に有用(糖尿病網膜症など)
③カラー眼底写真
見たままの眼底を写真として記録します。
④自発蛍光撮影
加齢性黄斑変性における網脈絡膜萎縮の描出に有用です。
⑤レッドフリー撮影
緑内障の視神経繊維欠損の観察などに有用です。

光干渉式眼軸長測定装置

白内障手術のための検査器械です。非接触による測定ですので、患者様の負担が少なく、再現性、正確性の高い測定結果が得られます。

超音波測定モード…特に進行した成熟白内障の時に有用な測定モードです。

Bモード断層装置

重度の白内障の場合や大量の硝子体出血が生じている場合には、眼底(網膜や視神経)は診察出来ません。
白内障や出血に隠れた網膜剥離を検出するための機器です。網膜剥離があれば緊急で手術をさせて頂きます。

網膜電図検査(ERG検査)装置

網膜電図検査(ERG検査)は、網膜に強い光を当てることで、網膜の働きが正常かどうか調べる検査です。
主に網膜の病気(網膜色素変性症など)を調べるもので、白内障の進行が高度で眼底検査が行えない場合、手術を行って視力が回復するかどうか判断するために使用します。

視野検査

  • 動的視野検査(ゴールドマン)
  • 静的視野検査(コーワ)
  • ヘス複視野

マルチカラーレーザー

網膜レーザーに対応します。

YAGレーザー

白内障術後の後発白内障の治療に使用します。

下之城眼科クリニック ヨイシリョク 027-386-4149 メールでのお問い合わせ