最新のレーザーとマニュアル白内障手術の違い

LenSxレーザーは、白内障手術に革命をもたらしました
LenSxと術者が協力して患者様に
最高の手術を提供できる時代になりました

手術の流れ

  • 確実に前嚢切開が行える(寸分たがわず狙った大きさや場所に正円の前嚢切開)技術は眼内レンズを使用している現行の白内障手術では、計り知れないほどのメリットを生み出します。
  • またレーザー照射により水晶体を細かく砕き処理を容易にする技術は超音波の使用時間とパワーを減少でき手術合併症の発症を大幅に軽減します。
  • 全ての角膜切開創をレーザーで行うことにより、その深さや大きさ位置など患者様一人一人に合った適切な切開創を作成できます。この技術が角膜乱視を軽減させ、術後の裸眼視力向上につながるメリットと考えております。

正確な形状での前嚢切開を実現

手技による通常の白内障手術

フリーハンドで行うため正円で切開できず正確さに欠ける

レーザーを使用した白内障手術

レンズの収まりが良く、レンズの性能を最大限引き出せる

手技による通常の白内障手術

医師の技量によるところが大きく眼の中で行う作業なのでリスクも大きい

レーザーを使用した白内障手術

眼内で行う手技工程が最小限に抑えられるので手術のリスクが非常に低い

後嚢破損リスクを軽減

手技による通常の白内障手術

医師の技量によるところが大きく眼の中で行う作業なのでリスクも大きい

レーザーを使用した白内障手術

眼内で行う手技工程が最小限に抑えられるので手術のリスクが非常に低い

多焦点レンズの性能を最大限に引き出す

レンズのポジショニングが重要な多焦点レンズは、レーザー白内障手術が適している

挿入位置のシビアさを要求される多焦点レンズは、手術の正確性が重要な鍵を握ります。(特に前嚢切開の大きさと場所が重要です)
多焦点眼内レンズとは遠くも近くもピントが合うように設計されたレンズのことで、メガネの掛け外しの煩わしさから解放させうる可能性のあるプレミアムレンズです。

手術後のメガネの使用頻度が少なくでき、裸眼での生活が楽しめることから、その需要は年々高まっています。
多焦点眼内レンズ(プレミアムレンズ)にこそ、レンズの性能を最大限引き出せるレーザー白内障手術の正確性がその恩恵を受けるべき技術かと確信しております。また、その高い技術力も術前の検査がいい加減であれば何の意味もありません。

手技による通常の白内障手術

フリーハンドで行うため正円で切開できず正確さに欠ける

レーザーを使用した白内障手術

レンズの収まりが良く、レンズの性能を最大限引き出せる

下之城眼科クリニック ヨイシリョク 027-386-4149 メールでのお問い合わせ