院長ブログ

2016.12.29更新

 

 皆様、いつも下之城眼科クリニックをご好意にして頂き誠にありがとうございます!これからも患者様に寄り添い、職員一同地域医療に貢献できるクリニックであり続けますので、眼でお困りの事がありましたら、ぜひ当院に気軽にご相談下さい!

 

2016年も残り数日となってしまいましたが、何故かやるべき事は山程ありますよね泣。そして、日々の過ぎるのが早い事…早い事。

 

クリニックは、27日に一足早く仕事納めと大掃除を完了して忘年会で打ち上げ。すでに2017年の患者様をお迎えする準備を表面上は整え終えました。が…サービス向上のために反省するべき事や新職員達への意識統一や申し送り…正直、何日あっても足りない印象です。2016年の最新の手術実績なども併せてご覧頂けるとありがたいです

 

2016年を終え…2017年2月10日以降は、下之城眼科クリニックは新規開院から走り続けた3年間を終え、私の考える新体制での4年目を迎えます。  石の上にも3年。一区切りとして、個人クリニックから医療法人という公的機関へクリニックを変容(来春)させようかと考えています。

 

と…同時にオープ二ングから苦楽を共にしたスタッフ達が、それぞれ卒業を迎えます。本当に支えてもらったし、いっぱい一緒に勉強してきましたね。眼科未経験者、新卒で初社会人の彼女達と走り続けた日々は、今や下之城眼科クリニックの在り方の礎となっている事は間違いありません。

 

いつも患者様に優しい彼女達を褒められるのが…嬉しくもあり私の自慢の一つでした。学生だった彼女達を面接し、成長という可能性無限の宝石の原石達と一緒に仕事を出来た日々は、、私の開業人生の中でも忘れられない貴重な思い出となって一生心に残るでしょう。

 

うちの仕事は、決して楽では無く、応用、応用の連続でいろんな意味で難しい患者様が沢山来院して頂けます。決して、型どうりのマニュアルでは対処できません。今や…彼女達は患者様にも、クリニックにも無くてはならない存在にまで成長してくれました。実は…その言葉はおこがましく、私が彼女達と触れ成長させてもらえたんだと思っています。次の新たな職場でもきっとうちでの経験が活き、活躍できる人材になりうると信じています…お疲れ様でした、そしてありがとうございました!

 

みんなが、うちで働いた日々を誇りに思ってもらえるように…私は新しいスタッフ達や残るスタッフ達みんなと更に患者様本位で皆様に愛されるクリニックを目指していく努力を惜しみません。うちの強みは、オープン二ングスタッフ達みんなが作ってくれた雰囲気…その雰囲気を気に入って頂けた患者様が、新たな患者様を紹介頂けている事だと思います…。

 

正直…この頃の外来では、患者様を待たせてしまう時間が増え、辛辣なご意見を頂く回数が増えています。それでも、うちのスタッフ達は、前向きにありがたいご意見だと捉え改善策を必死に模索してくれています。一番に反省や熟考すべきは院長である私だとの自覚も開院以来、忘れた事は一度もありません。サービス向上に、私の足りない頭をフル回転させる習慣は身に付いていますので…これからもスタッフみんなで考えていきましょうね!

 

また、スタッフ達の入れ替わりや、申し送りの不備、激務での我々の心のあり方など…一切患者様には関係の無い事です。忙しい時ほど…苦しい時ほど、どうするか?真価は、そんな時に…そして突然、問われているんだと思います。

 

私は、外来での患者様との出会いは、一期一会の本当に大切な物だと捉え、初心にもう一度立ち戻って…2017年をスタートしていきたいと思います。

 

 

2016年…本当にいろんな事がありました。この年を良い年だったと思えるか?これからの自分のあり方次第だと思います。目指す道は…やっとおぼろげながらに見えてきました。逆に、いろんな事があったからこそ気付けたんだと思います。

 

不安に思う時間があるなら…後悔しない努力や全力を尽くす時間に充てたい。そんな思いを強くした…2016年でした。

 

皆様、今年1年、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します!

 

 

 

 

手術の特設サイトでもブログを書いてます。
是非ご覧ください。

http://www.vitreoretina.jp/

 

投稿者: 下之城眼科クリニック

2016.12.04更新

ついに…先日(12月2日)レーザー白内障手術が当院で開始となり、大成功しました。当院で成功するようにご尽力頂いた関係者の皆様、スタッフのみんなにこの場を借りてお礼を言わせて頂きます。「ありがとうございました」

 


そして、昨日の経験が…下之城眼科クリニックで安全かつ確実に最新鋭のレーザー白内障手術を提供出来るという確信に変わりました。

 

先月から、その真新しい器械がオペ室に導入され、姿、形、存在感をオペ日ごとに感じイメージばかりが先行していました。当たり前の事ですが…頭の中で、トラブルシューティングを重ねた回数は数百回。

 

手続き上でも…厚生省に申請をして、当院が12月1日よりレーザー白内障手術の先進医療認可施設として格上げされました。

 

そして、来るべき時に向け、11月の白内障手術は可能な限り、ベリオンを利用し、レーザー白内障手術への布石として疑似体験を繰り返してきました。
信頼出来る職員達と患者様の移動法や声掛けのシュミレーションを重ね、当日の実際の患者様に不安を与えないように事前に入念に打ち合わせをしました。

 

今回の新たな挑戦は…未知への恐怖心や責任感と群馬初、北関東初とのプレッシャーで押し潰されそうになった時もありましたが、無事に4名の患者様の手術を終えた今…高揚感を覚えずにはいられません。努力が報われる数少ない体験なんだと感じています。

 

今春に一念発起して七里眼科に見学に行き、いろいろな勉強会に参加し、学会会場やアルコン本社にデモ体験に駆け付け…やっとたどり着いた実践でした。

 

翌日診での患者様の感想が…「痛くなかった」「すぐに終わった」「軽い圧迫感だけだった」と意外なまでのあっさりしたものであり、一緒に素直に成功の喜びを分かち合えたのはDr 冥利に尽きます。

 

もちろん大事な術後の仕上がりは…炎症も少なく、前嚢切開は正円で眼内レンズのちょうどど真ん中。今まで…見た事の無い綺麗な仕上がりでした。予想を遥かに凌駕していました。
ぜひ、当院でレーザー白内障手術を体験された患者様に…素直な感想や感じた事を体験談として書いて頂きたいと思っています。レーザー白内障手術とベリオンのコラボした最先端技術の恩恵を一人でも手術に不安や恐怖心を持っている患者様に知ってもらいたいからです。

 

当院でレーザー白内障手術のたまたま一番手(順番はあくまでもランダム選出)となってしまった〇〇様。私もこの出会いを一生忘れません。翌日、本音で私は実験台ですか?一生面倒診て下さいね と言われた言葉を真摯に受け止めさらに精進致します。

 

来週も、4眼レーザー白内障手術の予約が入っています。今回の経験をしっかり活かしたいと思います。

 

僭越ながら…下之城からレーザー白内障手術の安全性とメリットを私なりに皆様に発信していきます。そして最先端白内障手術に興味のある患者様に、ありのままを伝える事の出来る存在になっていければと考えています。

 

下之城眼科クリニックに、また一つ自信を持って患者様に提供できるツールが増えました。今後も地域医療のレベル向上の一役を担えるクリニックであり続けます。

 

最期に…私の新たな挑戦において、背中をそっと優しく押してくれた七里眼科の山崎院長には、感謝しきれない思いでいっぱいです。私は、本当に素晴らしい人達に支えられている幸せ者だと思います。

 

 

手術の特設サイトでもブログを書いてます。
是非ご覧ください。

http://www.vitreoretina.jp/

 

投稿者: 下之城眼科クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

下之城眼科クリニック ヨイシリョク 027-386-4149 メールでのお問い合わせ